2015年7月2日、マイクロソフト・シアターにて、ももいろクローバーZのコンサートが行われた。ライブ前にはKISSのメンバー2人(ジーン・シモンズとポール・スタンレー)とももいろクローバーZの合同記者会見も行われた。

撮影:Jason, Emi

Read the English version here!


ライブ前に行われたKISSとももいろクローバーZの記者会見。仲の良さが伺える、微笑ましい雰囲気が漂っていた。ジーン・シモンズと微笑み合う百田夏菜子がなんとも印象的だった。

会見で、ポールは「皆は知らないかもしれないけれど、実はこの娘たちは65歳なんだ」と飛ばした。そして3月に行われたKISSの東京ドーム公演を振り返り、ももクロとの共演を嬉しそうに語った。

ももクロのメンバーは背景に展示されていたアートワークの素晴らしさやライブへの抱負、そしてKISSの楽曲の中で最も好きな曲などについて語った。


ライブ会場は熱心なファンで溢れかえっていた。中にはメンバーの名前が入っているハッピを着ている者もいた。

ライブが始まる前には、モニターにももいろクローバーZとKISSのコラボ曲「夢の浮世に咲いてみな」のミュージック・ビデオが流れていた。アニメ映像と本人たちの映像が混ざり合った可愛らしく、格好良い作品だ。

オープニングでは、ももクロのメンバー、KISSのジーン・シモンズとポール・スタンレー、アニメ・エキスポの責任者などがステージ上に立ち、楽しいトークを展開した。

メンバーがステージ裏に戻りしばらくすると、ステージに一つのスポットライトが当てられた。ももクロのマネージャー・川上アキラがお経らしきものを唱えている。きっと「日本らしさ」を出すためであろう。

「ムーンライト伝説」のイントロが流れると、会場は歓声に包まれる。曲が終わるとメンバーは扇子を取り出す。「ニッポン笑顔百景」の始まりだ。先ほどの雰囲気とは一転、会場は日本の色に染まる。まるで夏祭りにいるような楽しい雰囲気だ。

3曲目の「Believe」が終わると、MCの時間だ。ファンにはお馴染みの自己紹介タイムだ。

4曲目の「夢の浮世に咲いてみな」で会場のボルテージはマックスに。和の文化と西洋の文化、そしてアイドルとロックがこんなに綺麗に交じり合うとは誰が想像していただろう。KISSの楽曲らしい力強さは何度聴いても飽きない。

9枚目のシングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が続く。百田夏菜子がインタビューで言っていたとおり、いつもは可愛らしい雰囲気の佐々木彩夏も踊っている時は本当に格好良い。

先ほどまでのアップテンポとは正反対のバラードが始まる。「月虹」だ。会場には少し幻想的な雰囲気が漂う。

メンバーがステージ裏へ戻ると、スクリーンには「What Japanese idol group do you know?」という文字。ももクロの軌跡を振り返る映像だ。たくさんのPVやライブ映像が使用されており、ももクロの様々な魅力が映り出される。

メンバーが衣装チェンジを終えると、7枚目のシングルから「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」と「LOST CHILD」が披露される。2曲目はどことなくダークさを秘めているテクノ調の曲だ。

続いては「みてみて☆こっちっち」。思わずジャンプしたくなるような可愛らしい曲だ。スクリーンには、楽曲に合わせてポケモンの映像も流れる。

その後は再びMCの時間だ。佐々木彩夏と玉井詩織がステージに残り、総合MC担当のダニー・チューの通訳を通して、ファンと会話する。

コンサートもラストスパートだ。「Chai Maxx」が終わると百田が「This is a song for U.S.A.!」と叫ぶ。「『Z』の誓い」の英語版が披露される。「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の主題歌だ。アニメ・エキスポ主催のコンサートだけあって、アニメファンの観客が多く、皆とても嬉しそうだ。

チェッカーズの「Song for U.S.A.」をBGMにメンバーが一人一人ステージを去っていく。

アンコールは「CHA-LA-HEAD-CHA-LA」で始まった。その後のMCでメンバーはファンへの感謝の気持ちを伝え、「MOON PRIDE」に続いた。ラストの「行くぜっ!怪盗少女」では百田が海老反りジャンプを披露し、歓声は最高潮に。

勢いたっぷりな14曲のライブはこうして終わりを告げた。ももいろクローバーZがいつかまたアメリカに戻ってくる日が今から楽しみだ。


2015.07.02 SETLIST

01. ムーンライト伝説
02. ニッポン笑顔百景
03. Believe
04. 夢の浮世に咲いてみな
05. サラバ、愛しき悲しみたちよ
06. 月虹
07. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
08. LOST CHILD
09. みてみて☆こっちっち
10. Chai Maxx
11. Pledge of “Z”
12. CHA-LA-HEAD-CHA-LA
13. MOON PRIDE
14. 行くぜっ!怪盗少女


なお、Kawaii Kakkoii Sugoiでは、ももいろクローバーZのインタビューも実施しました。2011年のシングル「労働讃歌」にちなんで、メンバー一人一人のシュプレヒコールをお願いしました!他のメンバーと入れ替わるなら誰を選ぶか⁈ 百田夏菜子ちゃんの考える最も「可愛くて、格好良くて、すごい」人物とは⁈ インタビューの模様はこちらからどうぞ。


さらにKawaii Kakkoii SugoiのYouTubeチャンネルでは、記者会見やコンサートの様子、そしてインタビュー後の模様のダイジェストを公開しているので、そちらも是非ご覧ください!


Like it? Share with your friends!

Exit mobile version