[ライブレポート] VAMPS in Los Angeles (2016.11.07, El Rey Theatre)

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-6

2016年11月7日。最強のロックデュオVAMPSが再びLAへ戻ってきた。およそ1年ぶりとなるLA公演。今回のライブは1930年代に設計されたEl Rey Theatreで行われた。

Read the English version here!

オープニング・アクトはデトロイト出身のCitizen Zero。カントリー要素も混ざったロックで会場を沸かせた。前座が終わると、いよいよVAMPSの登場だ。HYDEはフードを被ったままステージに立つ。3曲目の「REDRUM」でフードを脱ぐと、彼の金髪姿に沸き起こる。LAのファンにとっては、K.A.Zの新しいギターを聴くのも初めてだ。高音が鳴り響く、今までとは一味違ったサウンド。新曲「SIN IN JUSTICE」から定番曲「VAMPIRE DEPRESSION」まで、彼らの勢いは増すばかりだ。

結成以来、VAMPSはDavid Bowieの「Life on Mars?」やMötley Crüeの「Live Wire」など、数々の楽曲をカバーしてきた。彼らが今回カバーしたのはRihannaの「Diamonds」。近年のポップスタンダードが彼らの演奏によって、一気にロックナンバーに仕上がる。

「みんな、調子はどう?楽しんでる?」HYDEが観客に向けてMCをする。「Citizen Zeroのメンバー、そしてみんな、ありがとう!」そう締めくくると、バンドは新曲「RISE OR DIE」を演奏。紫色の照明が彼らの吸血鬼テーマを強調している。

「WORLD’S END」のイントロが流れると同時に、手拍子が始まる。「BLOODSUCKERS」では見事なコールアンドレスポンスが披露される。改めて音楽は国境を越えられるということを思い知らされる。

アンコールも含め計17曲。VAMPSの勢いは途切れることなく、最後までファンを魅了した。最後にはHYDEが「Thank you so much!」と締めくくり、メンバーがステージを去っていった。また彼らが戻ってくるのが楽しみだ。


KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-1

vamps-2016-el-rey-06106

vamps-2016-el-rey-06125

vamps-2016-el-rey-06211

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-3

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-10

vamps-2016-el-rey-06304

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-8

vamps-2016-el-rey-06321

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-5

vamps-2016-el-rey-06370

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-7

vamps-2016-el-rey-06378

vamps-2016-el-rey-06411

vamps-2016-el-rey-06446

vamps-2016-el-rey-06476

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-2

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-4

KKS_VAMPS_EL_REY_THEATRE-9


2016.11.07 SETLIST

01. INSIDE OF ME
02. LIPS
03. REDRUM
04. EVIL
05. REPLAY
06. GET AWAY
07. SIN IN JUSTICE
08. VAMPIRE DEPRESSION
09. DIAMONDS (Cover of Rihanna)
10. MEMORIES
11. RISE OR DIE
12. WORLD’S END
13. BLOODSUCKERS
14. MIDNIGHT CELEBRATION
15. REVOLUTION
16. DEVIL SIDE
17. SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

 

You might also like More from author

%d bloggers like this: