[ライブレポート] MIYAVI In Los Angeles (2018.05.08, El Rey Theatre)

5月8日。El Rey Theatre にて、MIYAVIの”DAY2” World Tour 2018のLA公演が行われた。

Read the English version here!

開場前。平日の夜にもかかわらず、会場の外には長蛇の列ができていた。前回のLA公演から約1年。今回はどんなショーを魅せてくれるのか、ファンたちは期待で胸がいっぱいのようだ。

午後8時半。「Flashback」というパワフルな楽曲でステージに登場したMIYAVI。銀髪にライダースジャケットで登場した彼はまさにロックスターの風貌だ。ライブでは常に大盛り上がりを見せる「So On It」、そして「In Crowd」が続いた。

MCではバンドメンバーを紹介した後、自身の近況報告や告知が続いた。観客の中にはアニメファンも多く、彼も出演する実写映画「BLEACH」の話題になると、大きな歓声がわき上がった。LAで過ごす家族との時間についても触れ、「本日のアシスタント」と長女をステージに呼ぶと、会場は温かい拍手と声援に包まれた。

昨年末、MIYAVIは日本人初となるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使に任命された。MCでは、その活動についても語った。レバノンの難民キャンプで感じたことを赤裸々に話した。ギターを片手に難民と交流を続けているMIYAVI。MC中には、こんな言葉も残した。

「音楽は直接世界を変えられないかもしれない。だけど、音楽は人を変えられる。そして、人には世界を変えられる力がある。」

今回のライブでは、アルバム「Fire Bird」からの楽曲やKREVAとのコラボ曲「STRONG」など、数々の勢いあるナンバーも演奏された。ステージを駆け巡りながら観客との交流を楽しむMIYAVIは、一瞬ともファンを飽きさせない。

「Youth of the Nation」で始まったアンコール。スラップ奏法を取り入れた彼の演奏方法は、他には真似できない独特な格好良さが溢れている。続く「素晴らしきかな、この世界 -What A Wonderful World-」のサビでは、ファンにマイクを向けたMIYAVI。懐かしい楽曲も聴けて、ファンも大喜びのようだ。

熱気に包まれた1時間半のステージは「WHAT’S MY NAME? 2017」で幕を下ろした。唯一無二のスタイルで観客を魅了した彼の姿は「サムライギタリスト」そのものだった。



2018.05.08 SETLIST
01. Flashback
02. So On It
03. In Crowd
04. Bumps in the Night
05. Dim It
06. Ha!!!!!!!!!!!!!!!
07. Ain’t No Sunshine
08. Humble
09. Icon
10. Lemon
11. The Others
12. Long Nights
13. Fire Bird
14. Dancing With My Fingers
15. STRONG
16. Day 1
17. Youth of the Nation
18. 素晴らしきかな、この世界 -What A Wonderful World-
19. Real?
20. WHAT’S MY NAME? 2017


撮影:久良木麻椰

You might also like More from author

%d bloggers like this: