[ライブレポート] HYDE In Los Angeles (2019.05.26, 1720)

撮影:久良木麻椰

5月26日。ロサンゼルスのライブハウス「1720」にて、HYDEは超満員の観客と共にUSツアーのファイナルを迎えた。

Read the English version here!

開演前―。HYDEがロサンゼルスでライブを行うのはおよそ1年半ぶり。大雨にもかかわらず、会場の外には長蛇の列が出来上がっていた。久しぶりに彼の音楽を生で聴けるという楽しみから、ファンの間では笑顔が溢れている。そんなファンを温かく迎えるように、やがて雨も止み、入場が始まる頃には大きな虹が空に架かった。

昨年から本格的にソロ活動を再始動したHYDE。今回は再始動後、初のUSツアーとなった。彼の最新音楽は、今までのソロ活動で発表された楽曲とは違った路線を進んでいる。アメリカンテイストなメタル風味なダークな音が印象的だ。

まさにその新しい音楽性を表す姿で、HYDEはステージに登場した。オペラ座の怪人とジョーカーを合わせたような彼の姿は不気味で、それにもかかわらず、妖艶さも漂っていた。照明のない暗闇の中、彼の光る瞳だけが浮かび上がる。

ステージは「FAKE DIVINE」で幕を開けた。昨年10月にシングルとして発売されたこの楽曲は、新アルバム「anti」にも収録されているパワフルな楽曲だ。

続く「AFTER LIGHT」では、観客とのコールアンドレスポンスも取り入れられていた。数週間前にアルバムの配信が開始されたばかりだというのに、ファンの予習はバッチリだ。

3曲目には、VAMPS時代の楽曲「INSIDE OF ME」が演奏された。メガホンを片手に、満員の観客を見つめるHYDE。アメリカの音楽業界で戦う意志を見せつけるような強い眼差しだ。

優しいピアノの旋律が奏でられる。ロックテイストを残しつつも、今まで演奏されていた楽曲とは一味違うバラード「ZIPANG」が歌い上げられた。古き良き日本を想像して作られた美しく壮大な1曲だ。

その後も「WHO’S GONNA SAVE US」や「LION」などアルバムの楽曲が続いた。終盤では、「MIDNIGHT CELEBRATION II」も演奏された。2003年に発売されたソロアルバム「666」の中でも特にファン人気の高い楽曲を再レコーディングしたものだ。

最後はDuran Duranの名曲「ORDINARY WORLD」のカバーが披露された。オリジナルの良さを残しつつも、HYDE独自の魅力が取り入れられている。

「でも昨日のことではもう泣かない」

「生きていくんだ」

過去に囚われず、前向きに進んでいく姿が描かれているこの楽曲は、まるでソロ活動を再始動させたHYDE自身を表しているようだ。

「また秋に!」という言葉を残し、HYDE のUSツアー最後のライブは幕を閉じた。

止まることを知らず、常に進化し続けるHYDE。秋にはどんな姿を魅せてくれるのか、今からとても待ち遠しい。


SETLIST

  1. FAKE DIVINE
  2. AFTER LIGHT
  3. INSIDE OF ME
  4. TWO FACE
  5. OUT
  6. SET IN STONE
  7. DON’T HOLD BACK
  8. ZIPANG
  9. WHO’S GONNA SAVE US
  10. LION
  11. UNDERWORLD
  12. ANOTHER MOMENT
  13. SICK
  14. MAD QUALIA
  15. MIDNIGHT CELEBRATION II
  16. ORDINARY WORLD


公式サイト:HYDE
ニューアルバム「anti」は6月19日発売。

You might also like More from author

%d bloggers like this: