• 【ライブレポート】和楽器バンド、アメリカツアーを前に豪華なワンマンライブで東京のファンを魅了

    文:Daniel Robson Read the English version here! ライブにスペクタクルを求めるなら、和楽器バンドのライブ以外探す必要はない。 ステージ上で、日本の伝統楽器と荒々しいギターロックの驚くべきブレンドが、民族文化を最高に押し上げる彼らのショーマンシップによって更に素晴らしいものとなる。 日本で最もエキサイティングなライブを行うバンドの一つとしての和楽器バンドの定評は、彼らの国際的成功の鍵となっている。Zepp ダイバーシティ東京での2日間のソールドアウトワンマンライブ(ジャパンツアー絢爛和奏演舞会の一環)の初日に、バンドメンバーがステージを去った瞬間、7月に開催されるアメリカカリフォルニア州でのライブ日程が発表された。 しかし先走らず行こう。少し巻き戻し、2016年5月12日に2500人の熱狂的ファンを興奮させたZeppダイバーシティ東京でのライブを味わおう。 まず、和楽器バンドは新曲を用意していた。すれ違う心を歌う切ないラブソング”Strong Fate”でライブが始まり、テレビアニメ“双星の陰陽師”の主題歌”Valkyrie –戦乙女-“をアンコール1曲目で披露した。6月24日日本発売予定のスプリットシングルのタイトルにある”Valkyrie”とは、神話に登場する女戦士のことで、荒々しいギターと津軽三味線がそれを表現していた。 そして過去の人気曲も登場した。YouTubeで4000万ビューを記録した圧倒的な“千本桜”はファンの一番人気だ。 日本民謡とロックスタイルを融合させた和楽器バンドの代表曲だ。この曲の演奏中には、蜷川べに、神永大輔、町家が完璧なロックポーズをキメ、津軽三味線、尺八、ギターそれぞれのソロ演奏は観客の目を釘付けにした。 最初から最後まで鈴華ゆう子のボーカルは力強さと美しさを同時に見せつけた。伝統的な詩吟ボーカルスタイルを巧みに操り、“追憶”と“吉原ラメント”で郷愁をかきたて、“鋼 -HAGANE-”と“白班”では自然の力強さを表現した。 彼女のバンドメイトも激しくロックする。“戦 – ikusa-”では、ハープに似た琴と尺八が、かき鳴らされるギターサウンドを更に押し出し、エネルギッシュなオディエンスは紫色に光る棒を持ってレスポンスを送った。 エレクトリックなアレンジメントが施された”華火” と”Valkyrie –戦乙女-“は凄まじい熱と雷のような衝撃を運んだ。また、”進撃の巨人 “dTVシリーズのテーマ曲である”反撃の刃”は、ドラマチックでヴァイオレンスな世界観を完璧に表現した。...

  • Real Escape Game

    I came across this really cool event while looking for some escape games to play at work (ssshhh…).  The event is called Real Escape Game and is...

Exit mobile version