• J-Rock at Knotfest 2014

    J-Rock at Knotfest 2014 Although the event took place a few weeks ago, it’s still quite exciting to know a few reputable Japanese rock bands...

  • [ライブレポート] SCANDAL in Los Angeles (House of Blues Sunset Strip, 05.22.2015)

    5月22日、House of Blues Sunset StripにてSCANDALのライブが行われた。 午後8時。ジャズスタンダード「A列車で行こう」をBGMにSCANDALのメンバーがステージに上がる。お辞儀をした後、一人一人が自分たちの立ち位置へと進む。観客には10代後半や20代のファンはもちろん、家族連れで来ている人も多い。 最初のナンバーは最新アルバム「HELLO WORLD」の「love in action」だ。RINAのドラムで始まるこの曲。ベースのTOMOMIの可愛らしい声とボーカルのHARUNAの透き通った声が対照的で素敵なハーモニーを奏でる。SCANDALのライブは音楽だけではなく、メンバー一人一人のファッションも見所だ。 動きやすそうなラフな格好がかえってお洒落だ。 続いて「サティスファクション」。「Wow」に合わせてメンバーもファンも手拍子をする。HARUNAが「オッケー!その調子!」と客席を煽る。前後の跳ね回る明るさとは真逆の、間奏の激しいロック調が印象的な楽曲だ。 HARUNAが「Are you ready? Everybody scream!」と叫び、 ギターをかき鳴らす。3曲目は彼女たちのメジャーデビューシングル「DOLL」。デビュー当時はまだ制服姿だったSCANDALもいつの間にか20代だ。 緑や紫の照明が会場全体を照らす。サビになるとファンはタオルをリズムに合わせて振り回す。メンバーとファンの一体感がすごい。ギターのMAMIのコーラスも可愛らしい。 「What’s up LA?! Let’s have fun!」とHARUNAが再び客席を煽る。続いての曲は「瞬間センチメンタル」だ。「鋼の錬金術師...

Exit mobile version