8月22日、毎年恒例の夏の野外ライブ「VAMPS LIVE BEAST PARTY 」が千葉・幕張で行われた。今回は人気イベント「肉フェス」とのコラボなどもあり、朝から大勢のファンが集まった。

Read the English version here.

午後5時半にライブが始まる。車型のお神輿に担がれて登場するHYDE (vocal)とK.A.Z (guitar)。 毎年さまざまな登場の仕方を楽しめるのがBEAST PARTYの魅力のひとつだ。

メンバーが全員ステージに上がるとK.A.Zがギターをかき鳴らす。「I GOTTA KICK START NOW」のイントロだ。観客はその音に負けないくらいの大きな歓声を出す。

2曲目「AHEAD」が終わるとHYDEが「ようこそ、BEAST PARTYへ!」と観客へ叫ぶ。エネルギーは止まぬまま「HUNTING」が続く。HYDEが「肉が食いてえな!Where’s my lamb?!」と言いながら会場を見渡すと、ファンはますます盛り上がる。

前曲が終わるとすぐに「ANGEL TRIP」が始まる。ファンはサビのために一斉にタオルを準備する。2万人の圧倒的な一体感だ。「ちょっとパーティーは始まったばかりだけど」とHYDEがつぶやき、最後のサビへと続く。

クラブミュージック風なイントロが流れ、海辺の会場はダンスフロアに一転する。ディスコを思い出すような照明のもと、「TROUBLE」が演奏される。愉快なダンスチューンに合わせてオーディエンスはシャボン玉に覆われる。

6曲目は1st アルバムの人気曲「COSMOS」だ。沈む夕日をバックに、普段とは違う不思議な空間が作り出される。

VAMPSの代表曲「LOVE ADDICT」のあとはHYDEのソロ曲「HELLO」が続く。サビの部分ではファンがひとつとなって熱唱する。K.A.Zが奏でるギターの高音は海の爽快感にぴったりだ。

続いてはArimatsu (drums)のドラムソロだ。Queenの「We Will Rock You」、OBLIVION DUSTの「YOU」、そしてVAMPSの「LOVE ADDICT」のマッシュアップをBGMに、パワフルなソロが繰り広げられる。

浴衣姿のHYDEがステージに現れる。「信用してるから!」と言いながらゴムボートに乗り込む。なんと観客の波に運ばれながらセンターステージへ移動するのだ。

「BEAST PARTY」定番のアコースティック・タイムが始まる。JIN (keyboards)も制作に関わっていたJITTERIN’ JINNの「夏祭り」のカバーが披露される。優しくもどこか切ない、夏の終わりを感じさせる演奏だ。

メンバーが全員揃うと2001年に発売されたHYDEのソロ曲「evergreen」が奏でられる。アコースティックならではの雰囲気は、まるでリゾート地にいるかのような心地良さだ。少し遠くに聞こえる波音も素敵な演出だ。

その後は「夏の思い出」をテーマにほのぼのとしたMCが続く。Ju-ken (bass)は幕張に近い船橋出身ということで、地元の話で笑いを誘う。JINは8mm 映画やテクノ風なバンドに熱中していた高校時代に触れ、Arimatsuは今夏初めて富士山を登ったことについて語る。 川で泳いだり昆虫を採ったり、のどかな夏休みを過ごしていた K.A.Z、18歳の時、和歌山から長野までバイクで旅をしたHYDE、メンバーそれぞれの夏の思い出話をファンは興味津々に聞いている。

MCのあとは普段聴けない「THE JOLLY ROGER」と「MY FIRST LAST」のアコースティック・バージョンが演奏される。

アコースティック・セットのあとは夜がとても似合う「ZERO」だ。その後雰囲気は一転、ハードロックな「DEVIL SIDE」や「EVIL」、そしてベースの深い音が会場一面に鳴り響く「THE PAST」や「GET AWAY」が続く。

演奏を終えると、先ほどまでの力強いパフォーマンスとは対照的なゆったりとしたトークでK.A.Zが会場を和ませる。そして18曲目の「MEMORIES」が始まる。

「LIVE WIRE」のイントロと共にスペシャルゲスト・清春がステージに立つ。沢田研二の「ダーリング」を思い出させるような、船員風の衣装に身を包んでいる。2月に行われた「VAMPARK FEST」以来のコラボレーションだ。 トークでは清春が「呼ばれればいつでも」とHYDEに言うと、歓喜の声に包まれる。清春がボーカルを務めるバンド・Sadsの「SANDY」で観客のボルテージは最高潮に。

21曲のセットのラストは「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」。最後には夜空に大量の花火が上がり、BEAST PARTYの1日目に幕を下ろした。


2015.08.22 SETLIST

01. I GOTTA KICK START NOW
02. AHEAD
03. HUNTING
04. ANGEL TRIP
05. TROUBLE
06. COSMOS
07. LOVE ADDICT
08. HELLO
09. 夏祭り
10. evergreen
11. THE JOLLY ROGER
12. MY FIRST LAST
13. ZERO
14. DEVIL SIDE
15. EVIL
16. THE PAST
17. GET AWAY
18. MEMORIES
19. LIVE WIRE
20. SANDY
21. SEX BLOOD ROCK N’ ROLL


VAMPS 関連記事

[ライブレポート] VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY (Makuhari, 08.23.2015)
[ライブレポート] VAMPS in New York (Best Buy Theater, 05.01.2015)
[インタビュー] VAMPS、ライブ@ロサンゼルス Club Nokia 04, 11, 2015


Like it? Share with your friends!

Exit mobile version