• 【ライブレビュー】ラブライブ!ファイナルライブ:9人の少女が叫んだ「いまが最高!」

    ライブレビュー:「ラブライブ!μ’s Final Love Live!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」東京ドーム、2016年4月1日 文:Risa Read the English version here 今世界中で大人気の「ラブライブ!」から飛び出したスクールアイドルグループμ’s。彼女達の6年間の活動の集大成となる最後のワンマンライブが東京ドームにて3月31日(木)と4月1日(金)二日間行われた。今回Kawaii Kakkoii Sugoiブログはこのライブの本当の最終日となる4月1日に参加することができた。 ライブの始まりから非常に演出が凝っていた。開演前に流れていたラブライブ!曲のBGMだが、中でもファンから圧倒的に人気のある曲「Snow halation」の際にはラブライブレード!と呼ばれるファンご用達のペンライトをBGMの段階から本番と同じように雪を連想させる白色で振りかざす。この曲の一番のサビの最後が「まもなくStart!!」という歌詞で終わるのだが、それに合わせて曲が途切れライブが始まるという粋な演出で始まった。 まずライブは劇場版「ラブライブ!The School Idol Movie」のその後を想像させるようなオリジナルアニメーションからスタート。TVアニメ2期第13話で妊娠していたアルパカ達の子供がついに生まれるなどファンが歓喜する内容となった。その後はライブの歴史を物語るようにアニメーション内でμ’sメンバーが初ライブを行った横浜BLITZから、今まで行ったライブ会場にてハートを互いに投げ渡していき、最終的に今回の会場となる東京ドームに到着。ハートが無事に東京ドームに到着したと同時に暗転し、一曲目となる「僕らのLIVE 君とのLIFE」が始まりステージ上にμ’sが登場! μ’sとはスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」から生まれたスクールアイドルグループであり、コンサートでは実際の声優陣、新田恵海(高坂穂乃果役)、南條愛乃(絢瀬絵里役)、内田彩(南ことり役)、三森すずこ(園田海未役)、飯田里穂(星空凛役)、Pile(西木野真姫役)、楠田亜衣奈(東條希役)、久保ユリカ(小泉花陽役)、徳井青空(矢澤にこ役)が歌って踊っている。彼女達の後ろには大きなスクリーンが設置されており、各曲のアニメーションPVが流れるため、キャストとスクリーン上のアニメのμ’sメンバーがシンクロしてライブが行われる。スクリーンの使い方が非常に巧妙で、歌詞に合ったエフェクトや合いの手などが表示され、スクリーン上に映るコンサートと一体化し、客席を扇動する。   当日のセットリストはこちら: セットリスト...

  • [ライブレポート] 25th L’Anniversary LIVE (Tokyo Dome, 2017.04.08)

    <4月8日 (土)> バンドとリスナーの思いが結集して美しい光景が出現 Photo credit: 今元秀明 / 岡田貴之 / 緒車寿一 / 加藤千絵 / 田中和子 4月8日、9日、L’Arc-en-Cielの結成25年を記念しての東京ドーム2 Days公演「25th L’Anniversary LIVE」が2日間合計11万人を動員して大盛況の中、開催された。チケットは60万人の申し込みがあり、即完売。また日本国内50か所、世界10地域(中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、メキシコ、コロンビア、コスタリカ、グアテマラ、ペルー)13都市16か所でライヴビューイングが行われ、35,000人がこのステージの模様を目撃した。L’Arc-en-Cielのライヴは大阪夢洲で開催された「L’Arc-en-Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」以来、約1年半ぶり、東京ドーム公演は約9年ぶりで、今回が通算13、14回目となる。 「25th L’Anniversary LIVE」のメインテーマは“25年の年月で世界中に散らばったL’Arc-en-Cielのピースが一つの場所に集い、そしてまた世界中に旅立っていく”というもの。演出のポイントとなったのは映像だ。彼らはこれまでも効果的に映像を使ってきたが、今回使用されたのは史上最大級の高精細LEDスクリーン。炎の映像と本物の炎など、映像と実際の物理的な仕掛けとを巧みに融合させた演出が見事だった。そのスクリーンに、エリークランクなる人物が西暦9125年の未来から2017年の世界にやってきて、世界各地に散らばったL’Arc-en-Cielのピースを集めるというストーリーの映像が映し出されていく。 メンバー4人のシルエットが黄金の光によって浮き彫りになり、白銀色の歯車が回転して、白銀の光が雨のように降り注ぐ映像が映し出されて始まったのは「虹」だった。ライヴ終盤で演奏されることの多いこの曲での始まりにドーム内から大歓声とどよめきが起こった。現在の4人のメンバーで最初にレコーディングしたのがこの曲だった。名曲であると同時に、25年のバンドの歴史の中での重要曲でもある。kenのギター、tetsuyaのベース、yukihiroのドラムス、そしてhydeの歌声がゆったり加わり、四つの音のピースが噛み合って一つになっていく。それぞれの存在を確かめ、噛みしめていくような演奏だ。イントロが鳴り響いた瞬間から熱狂的な歓声が起こり、90年代からファンに愛されてきたナンバー「Caress of Venus」「the...

  • [ライブレポート] OBLIVION DUST in Tokyo (TSUTAYA O-EAST, 2016.08.11)

    8月11日、OBLIVION DUSTの「Dirty Heat Tour 2016」のツアーファイナルが東京 TSUTAYA O-EASTにて行われた。最新アルバム「DIRT」を引っ提げてのツアー。最終公演は外の猛暑に負けぬくらい熱いライブとなった。   午後7時—。ARIMATSU (Drums)、K.A.Z (Guitar)、RIKIJI (Bass)、yuji (Guitar)、そしてKEN LLOYD (Vocals)が順にステージに立つ。最初のナンバーは「In Motion」。最新アルバム「DIRT」のなかで、最もOBLIVION DUSTらしさが凝縮されている楽曲だ。CD音源以上に、ギターのロックサウンドが強調されている。さっそくモッシュが起き、ダイバーも出現。メンバーもファンも最初から全力でライブを楽しむ、それがこのバンドの魅力だ。 続くは「Microchipped」。中盤ではyujiがステージの前方へ歩み寄り、手拍子を促す。ハードな始まり方とは裏腹に、サビの爽やかな音色は青と緑の照明で彩られている。最後のK.A.Zのギターもサビから続き、解放的だ。 3曲目は「Death Surf」だ。5月に出演した「VAMPS LIVE 2016 ZEPP FUKUOKA THE...

  • [ライブレポート] OBLIVION DUST in Tokyo (Akasaka BLITZ, 2015.12.22)

    12月22日、赤坂BLITZにてOBLIVION DUSTの「LIVE TOUR 2015 “Live Graffiti”」の東京公演が行われた。外の寒さを消し去るような熱いパフォーマンスが繰り広げられた。 Read the English version here! 文:Emi 撮影:緒車寿一 午後7時半—。機械的ノイズのイントロが流れると、メンバーが一人一人ステージに立つ。ARIMATSUのパワフルなドラムで始まる「Radio Song」。会場を埋め尽くすファンはビートに合わせて軽快に飛び跳ねる。RIKIJI (bass)も合わせてストンプしている。どこか懐かしい洋楽を沸騰させる、オープニングに相応しい刺激的なナンバーだ。 会場が赤い照明に照らされる。2曲目はハードなロック・ナンバー「Microchipped」だ。爽快感溢れるサビではモッシュが始まり、ダイバーも出現する。3曲目には「Never Ending」が続く。スタンドマイクで熱唱するKEN LLOYD (vocals)の「Everybody!」という合図でファンはサビの合唱を始める。K.A.Z (guitar)とRIKIJIはARIMATSUのドラムへ歩み寄り、激しい演奏を魅せてくれる。 「OBLIVION DUST “らくがきツアー”へようこそ!今日は楽しみましょうね」とKENの明るいMCが繰り広げられる。先ほどまでのロックな一面とはまた違う、バンドの愉快で微笑ましい一面を見せてくれる。 続く「Black...

Exit mobile version