• [ライブレポート] OLDCODEX at Anime Expo 2016 (The Novo, 2016.07.03)

    2016年7月3日—。Anime Expo 2016にて、OLDCODEX対FLOWのバンドバトル「Anisong World Matsuri ~Japan Band Battle~」が開催された。両バンドのファンが大勢訪れ、熱気の冷めぬライブが繰り広げられた。 Read the English version here! 文:Emi 優しく、少し未来的なギターのイントロをバックにボーカルのTa_2とペインターのYORKE.が登場。 オープニングナンバーはアニメ「Free!」第2期の主題歌として人気を集めた「Dried Up Youthful Fame」だ。普段は想像つかない音楽とアートの異色のコラボが彼ら独自の世界観を作り上げる。ファンは馴染みのある曲に合わせて手拍子をしている。 アニメ「黒子のバスケ」のエンディングテーマに使用された「カタルリズム」が続く。先ほどとは一転し、ライブ会場はまるでディスコのような盛り上がりをみせる。ダンスチューンに合わせてYORKE.の描く絵はポップで眩しいピンクや青、黄色が散りばめられている。 続く「Landscape」は夏にぴったりの開放的なサウンドで会場を湧かせる。Ta_2とYORKE.が寄り添うと、客席からは歓喜の声が上がる。YORKE.は観客に水を撒き、Ta_2もステージを駆け回りファンを煽る。 4曲目は、「黒子のバスケ」第2期のエンディングテーマの「WALK」だ。会場の勢いはますます加速するばかりだ。ステージの両側に立ててある絵画には曲のタイトルが大きく描かれる。 最初のMCではTa_2が、初めてのアメリカでの気持ちをあらわにする。「はるばる国境を越えて、アメリカまで来たんですけど。俺個人、アメリカが初めてで、見るものが本当に新鮮で。」その後、観客に「日本語の言葉を覚えてもらいたい」ということで「マジパネェ」という言葉を教えている。YORKE.が「Nice to meet...

  • [ライブレポート] Momoiro Clover Z in Los Angeles (The Wiltern, 2016.11.17)

    2016年11月17日、ももいろクローバーZ「アメリカ横断ウルトラライブ」のLA公演がThe Wilternにて行われた。今回のテーマは「日本の四季」。和太鼓や日本舞踊などの日本の文化を最大限に取り入れた見どころ満載の2時間となった。 Read the English version here! 「さくらさくら」に合わせた日本舞踊が終わると、着物を羽織ったメンバーが登場した。一人一人、観客に向かってお辞儀をする。 早着替えを済ませると、「夢の浮世に咲いてみな」のイントロが流れる。昨年のライブでも大きな歓声があがったKISSとのコラボ曲だ。「美少女戦士セーラームーンCrystal」の主題歌「MOON PRIDE」、そしてユニークな歌詞と振り付けが特徴の「マホロバケーション」が続く。 春期間が終わると、メンバーが傘を持ってステージに再び立つ。日本ならではの梅雨の時期を表現する楽曲はバラードの「キミノアト」だ。切ない雰囲気から一転、夏を代表する「ココ☆ナツ」と「ワニとシャンプー」が会場を一気に盛り上げる。日本からのファンはもちろん、現地のファンも完璧な振り付けやコールでライブを楽しんでいる。お祭り気分が楽しめる「ももいろ太鼓どどんが節」で夏期間が締めくくられる。 秋期間を彩るのは、アニメソングの「ムーンライト伝説」と「『Z』の誓い」。そして10曲目には、グループの歴史を振り返る最新シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」が続く。 冬期間の最初の曲は、2012年のクリスマスライブのために発売された「空のカーテン」だ。どこか切なく、でも温かい歌詞が心に響く。12曲目にはクリスマスが待ち遠しくなる「サンタさん」が続く。 アンコール前のラストを飾るのは、本人たちが作詞を手がけた「あの空へ向かって」。インディーズ時代からファンに愛され続けている楽曲だ。 アニメファンに大人気の「Cha-La Head Cha-La」でアンコールが始まり、MCでは一人一人が改めて自己紹介をする。「フレーズを完璧に覚えてくれてる!」とメンバーも大喜びだ。MCのあとは、代表曲の「行くぜっ!怪盗少女」と「ニッポン笑顔百景」、そしてダブルアンコールで「走れ!」が披露される。 こうして2時間近くのライブは終わりを迎えた。また彼女たちがLAに戻ってくる日がすでに待ち遠しい。 2016.11.17 SETLIST 01. 夢の浮世に咲いてみな 02. MOON PRIDE 03....

  • [中文LIVE REPORT] VAMPS10月5日洛杉磯公演現場記事 @ROXY THEATRE

    2015年10月5日, VAMPS回到了暌違六個月的洛杉磯,作為此次美洲巡演的一站在Roxy劇場舉辦了單獨演唱會。在觀客們的熱切期盼中,演唱會隨著“WORLD’S END”激昂的前奏正式開場。聚光燈變幻著顏色和角度不停閃耀在成員們身上,讓台下歌迷不禁在這聲形兼備,斑斕夢幻之境中如癡如醉。距離上次來到洛城开办單獨公演已经过去两年时光,這裡的觀眾用最熱烈的反響表達著自己對VAMPS的想念,以及對於他們再次到來的欣喜與歡迎。

  • [ライブレポート] HYDE In Los Angeles (2019.05.26, 1720)

    撮影:久良木麻椰 5月26日。ロサンゼルスのライブハウス「1720」にて、HYDEは超満員の観客と共にUSツアーのファイナルを迎えた。 Read the English version here! 開演前―。HYDEがロサンゼルスでライブを行うのはおよそ1年半ぶり。大雨にもかかわらず、会場の外には長蛇の列が出来上がっていた。久しぶりに彼の音楽を生で聴けるという楽しみから、ファンの間では笑顔が溢れている。そんなファンを温かく迎えるように、やがて雨も止み、入場が始まる頃には大きな虹が空に架かった。 昨年から本格的にソロ活動を再始動したHYDE。今回は再始動後、初のUSツアーとなった。彼の最新音楽は、今までのソロ活動で発表された楽曲とは違った路線を進んでいる。アメリカンテイストなメタル風味なダークな音が印象的だ。 まさにその新しい音楽性を表す姿で、HYDEはステージに登場した。オペラ座の怪人とジョーカーを合わせたような彼の姿は不気味で、それにもかかわらず、妖艶さも漂っていた。照明のない暗闇の中、彼の光る瞳だけが浮かび上がる。 ステージは「FAKE DIVINE」で幕を開けた。昨年10月にシングルとして発売されたこの楽曲は、新アルバム「anti」にも収録されているパワフルな楽曲だ。 続く「AFTER LIGHT」では、観客とのコールアンドレスポンスも取り入れられていた。数週間前にアルバムの配信が開始されたばかりだというのに、ファンの予習はバッチリだ。 3曲目には、VAMPS時代の楽曲「INSIDE OF ME」が演奏された。メガホンを片手に、満員の観客を見つめるHYDE。アメリカの音楽業界で戦う意志を見せつけるような強い眼差しだ。 優しいピアノの旋律が奏でられる。ロックテイストを残しつつも、今まで演奏されていた楽曲とは一味違うバラード「ZIPANG」が歌い上げられた。古き良き日本を想像して作られた美しく壮大な1曲だ。 その後も「WHO’S GONNA SAVE US」や「LION」などアルバムの楽曲が続いた。終盤では、「MIDNIGHT CELEBRATION II」も演奏された。2003年に発売されたソロアルバム「666」の中でも特にファン人気の高い楽曲を再レコーディングしたものだ。 最後はDuran...

Exit mobile version