Emi

  • [ライブレポート] HYDE In Los Angeles (2019.05.26, 1720)

    撮影:久良木麻椰 5月26日。ロサンゼルスのライブハウス「1720」にて、HYDEは超満員の観客と共にUSツアーのファイナルを迎えた。 Read the English version here! 開演前―。HYDEがロサンゼルスでライブを行うのはおよそ1年半ぶり。大雨にもかかわらず、会場の外には長蛇の列が出来上がっていた。久しぶりに彼の音楽を生で聴けるという楽しみから、ファンの間では笑顔が溢れている。そんなファンを温かく迎えるように、やがて雨も止み、入場が始まる頃には大きな虹が空に架かった。 昨年から本格的にソロ活動を再始動したHYDE。今回は再始動後、初のUSツアーとなった。彼の最新音楽は、今までのソロ活動で発表された楽曲とは違った路線を進んでいる。アメリカンテイストなメタル風味なダークな音が印象的だ。 まさにその新しい音楽性を表す姿で、HYDEはステージに登場した。オペラ座の怪人とジョーカーを合わせたような彼の姿は不気味で、それにもかかわらず、妖艶さも漂っていた。照明のない暗闇の中、彼の光る瞳だけが浮かび上がる。 ステージは「FAKE DIVINE」で幕を開けた。昨年10月にシングルとして発売されたこの楽曲は、新アルバム「anti」にも収録されているパワフルな楽曲だ。 続く「AFTER LIGHT」では、観客とのコールアンドレスポンスも取り入れられていた。数週間前にアルバムの配信が開始されたばかりだというのに、ファンの予習はバッチリだ。 3曲目には、VAMPS時代の楽曲「INSIDE OF ME」が演奏された。メガホンを片手に、満員の観客を見つめるHYDE。アメリカの音楽業界で戦う意志を見せつけるような強い眼差しだ。 優しいピアノの旋律が奏でられる。ロックテイストを残しつつも、今まで演奏されていた楽曲とは一味違うバラード「ZIPANG」が歌い上げられた。古き良き日本を想像して作られた美しく壮大な1曲だ。 その後も「WHO’S GONNA SAVE US」や「LION」などアルバムの楽曲が続いた。終盤では、「MIDNIGHT CELEBRATION II」も演奏された。2003年に発売されたソロアルバム「666」の中でも特にファン人気の高い楽曲を再レコーディングしたものだ。 最後はDuran...

  • [ライブレポート] MIYAVI In Los Angeles (2019.02.23, El Rey Theatre)

    2月23日。El Rey Theatreにて、MIYAVIのレコードリリースショーが行われた。 Read the English version here! 今回の公演は昨年12月5日に発売されたアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide」のお披露目会となった。 午後9時。アルバムのイントロでもある「Worlds Collide」でステージに登場したMIYAVI。冬の寒さを一気に消し去る勢いで会場のボルテージも一気に湧き上がった。続くKREVAや三浦大知とのコラボ楽曲「Rain Dance」、そしてKenKenとのコラボ楽曲「Flashback」。モノクロで統一されたギターと衣装で演奏するMIYAVIの後ろで目まぐるしく変わってゆく照明は、それぞれの楽曲の「色」に彼と観客を染めてゆく。 「SAMURAI SESSIONS vol.3のリリースパーティーへようこそ!」サポートメンバーを紹介した後、MIYAVIはロサンゼルスに戻ってこれたことへの喜びを述べた。「ロサンゼルスでライブを開催すると、いつもたくさんの人が来てくれます。いつもありがとうございます。でも、僕はここに住んでいるので、みんなのご近所さんでもあるんですよ(笑)」とジョークを言うと、会場は笑いの渦に包まれた。 「In Crowd」や「Sicko Mode」など激しい楽曲が続いた。ギター少年のような無邪気な笑顔、ロックスターにしか醸し出せない色気。その異なる両面を彼はステージを駆け巡りながら魅せてくれる。 今回の公演は、スペシャルゲストの参加も見所のひとつだ。ロサンゼルス出身のラッパー・DUCKWRTHを迎えた「U.G.L.Y. 」、そしてシンガー兼プロデューサー・Mikky...

  • HYDE to tour the U.S.

    HYDE – the lead vocalist for two of Japan’s biggest rock bands, L’Arc~en~Ciel and VAMPS – has announced that he will be performing three additional...

  • [ライブレポート] MIYAVI In Los Angeles (2018.05.08, El Rey Theatre)

    5月8日。El Rey Theatre にて、MIYAVIの”DAY2” World Tour 2018のLA公演が行われた。 Read the English version here! 開場前。平日の夜にもかかわらず、会場の外には長蛇の列ができていた。前回のLA公演から約1年。今回はどんなショーを魅せてくれるのか、ファンたちは期待で胸がいっぱいのようだ。 午後8時半。「Flashback」というパワフルな楽曲でステージに登場したMIYAVI。銀髪にライダースジャケットで登場した彼はまさにロックスターの風貌だ。ライブでは常に大盛り上がりを見せる「So On It」、そして「In Crowd」が続いた。 MCではバンドメンバーを紹介した後、自身の近況報告や告知が続いた。観客の中にはアニメファンも多く、彼も出演する実写映画「BLEACH」の話題になると、大きな歓声がわき上がった。LAで過ごす家族との時間についても触れ、「本日のアシスタント」と長女をステージに呼ぶと、会場は温かい拍手と声援に包まれた。 昨年末、MIYAVIは日本人初となるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使に任命された。MCでは、その活動についても語った。レバノンの難民キャンプで感じたことを赤裸々に話した。ギターを片手に難民と交流を続けているMIYAVI。MC中には、こんな言葉も残した。 「音楽は直接世界を変えられないかもしれない。だけど、音楽は人を変えられる。そして、人には世界を変えられる力がある。」 今回のライブでは、アルバム「Fire Bird」からの楽曲やKREVAとのコラボ曲「STRONG」など、数々の勢いあるナンバーも演奏された。ステージを駆け巡りながら観客との交流を楽しむMIYAVIは、一瞬ともファンを飽きさせない。 「Youth of the...

  • [インタビュー] Lemon & Sugar at Anime Expo 2017

    2017年6月末、Kawaii Kakkoii SugoiではAnime Expoにて、レモン&シュガーのデザイナー・LEMONA DESIGNのインタビューを実施しました。2014年以降、日本中のファンを魅了し続ける可愛らしいキャラクターのルーツに迫りました。 ── さっそくですが、レモン&シュガーのコンセプトについて教えていただけますか。 LEMONA DESIGN 恋に恋する女の子「レモンちゃん」と、レモンちゃんに恋しているぬいぐるみの「シュガーくん」という対象的な2人が繰り広げる”甘ずっぱい”世界をテーマにしています。タイトルのレモン&シュガーには、「恋の浮き沈み」や「人生の起伏」という意味合いを込めています。 ── レモン&シュガーのキャラクターはどのように思いついたのでしょうか。 LEMONA DESIGN 2004年に遡りますが、自作のショートアニメーションでが国際的な賞をいただき、世界の人たちに触れる機会がありました。当時の自分にできる最大限の表現ができ、審査員の方々には評価されたのですが、アート性の強いテーマだったためか、一般の観客の心には届けられなかったような気がしていました。そこから例えばスタジオジブリやピクサーのような、「世界中の人々に響く作品が作りたい」と思うようになりました。魅力的なストーリーを作るには性格の異なる2人のキャラクターが必要と考え、模索し続け、2014年に思いついたのがレモン&シュガーです。 ── Anime Expo 2017を通して達成したい目標などはありますか。 LEMONA DESIGN 世界の人たちに見ていただき、間近で反応が知りたいです。アメリカでは全く知られていないこのキャラクターをどこまで受け入れていただけるのか。レモン&シュガーを世界中で愛されるキャラクターに育てていきたいと思っていますので、今回のAnime Expo 2017がその第一歩となればと考えています。 ── ̶影響を受けたキャラクターやデザイナーなどはいますか。...