• [ライブレポート] Momoiro Clover Z in Los Angeles (The Wiltern, 2016.11.17)

    2016年11月17日、ももいろクローバーZ「アメリカ横断ウルトラライブ」のLA公演がThe Wilternにて行われた。今回のテーマは「日本の四季」。和太鼓や日本舞踊などの日本の文化を最大限に取り入れた見どころ満載の2時間となった。 Read the English version here! 「さくらさくら」に合わせた日本舞踊が終わると、着物を羽織ったメンバーが登場した。一人一人、観客に向かってお辞儀をする。 早着替えを済ませると、「夢の浮世に咲いてみな」のイントロが流れる。昨年のライブでも大きな歓声があがったKISSとのコラボ曲だ。「美少女戦士セーラームーンCrystal」の主題歌「MOON PRIDE」、そしてユニークな歌詞と振り付けが特徴の「マホロバケーション」が続く。 春期間が終わると、メンバーが傘を持ってステージに再び立つ。日本ならではの梅雨の時期を表現する楽曲はバラードの「キミノアト」だ。切ない雰囲気から一転、夏を代表する「ココ☆ナツ」と「ワニとシャンプー」が会場を一気に盛り上げる。日本からのファンはもちろん、現地のファンも完璧な振り付けやコールでライブを楽しんでいる。お祭り気分が楽しめる「ももいろ太鼓どどんが節」で夏期間が締めくくられる。 秋期間を彩るのは、アニメソングの「ムーンライト伝説」と「『Z』の誓い」。そして10曲目には、グループの歴史を振り返る最新シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」が続く。 冬期間の最初の曲は、2012年のクリスマスライブのために発売された「空のカーテン」だ。どこか切なく、でも温かい歌詞が心に響く。12曲目にはクリスマスが待ち遠しくなる「サンタさん」が続く。 アンコール前のラストを飾るのは、本人たちが作詞を手がけた「あの空へ向かって」。インディーズ時代からファンに愛され続けている楽曲だ。 アニメファンに大人気の「Cha-La Head Cha-La」でアンコールが始まり、MCでは一人一人が改めて自己紹介をする。「フレーズを完璧に覚えてくれてる!」とメンバーも大喜びだ。MCのあとは、代表曲の「行くぜっ!怪盗少女」と「ニッポン笑顔百景」、そしてダブルアンコールで「走れ!」が披露される。 こうして2時間近くのライブは終わりを迎えた。また彼女たちがLAに戻ってくる日がすでに待ち遠しい。 2016.11.17 SETLIST 01. 夢の浮世に咲いてみな 02. MOON PRIDE 03....

  • [インタビュー] ももいろクローバーZ (The Wiltern, 2016.11.17)

    2016年11月17日、ももいろクローバーZ「アメリカ横断ウルトラライブ」のLA公演がThe Wilternにて行われた。公演前のプレスイベントでは、ハワイ公演の感想や今回のツアーのコンセプトなどについて語ってもらいました。メンバーの可愛らしさたっぷりなインタビューをお届けします! Read the English version here! ── ハワイ公演、お疲れさまでした! 一同 ありがとうございます! ── いつもとは違い、ハワイではライブハウスで公演を行われましたが、いかがでしたか。 佐々木彩夏 距離がすごく近かったので、ちょっと照れくさかったです。 百田夏菜子 でも海外のファンの皆さんも、動画などで私たちのライブを観てくださっているみたいで。日本のファンの方と海外の方が一緒にコールをしてくださっているのが嬉しかったです。 ── ハワイで「可愛くて、格好良くて、すごい」ものはありましたか。 玉井詩織 ピタヤのジュースを飲んだんですが、ピンクでとても可愛かったです。 高城れに あとパラセーリングもやって、その高さがすごかったです。 ── 今回のセットリストについて教えていただけますか。 佐々木彩夏 私がプロデュースしました!日本の四季をイメージしたセットリストです。「桜や和太鼓、お祭りなどの日本の文化をアメリカの皆さんにも伝えられればな」と考えながら作りました。 ── 「ココ☆ナツ」の歌詞にちなんで、好きなかき氷のシロップを教えてください。...

  • [ライブレポート] ももいろクローバーZ in Los Angeles (Microsoft Theater, 07.02.2015)

    2015年7月2日、マイクロソフト・シアターにて、ももいろクローバーZのコンサートが行われた。ライブ前にはKISSのメンバー2人(ジーン・シモンズとポール・スタンレー)とももいろクローバーZの合同記者会見も行われた。 撮影:Jason, Emi Read the English version here! ライブ前に行われたKISSとももいろクローバーZの記者会見。仲の良さが伺える、微笑ましい雰囲気が漂っていた。ジーン・シモンズと微笑み合う百田夏菜子がなんとも印象的だった。 会見で、ポールは「皆は知らないかもしれないけれど、実はこの娘たちは65歳なんだ」と飛ばした。そして3月に行われたKISSの東京ドーム公演を振り返り、ももクロとの共演を嬉しそうに語った。 ももクロのメンバーは背景に展示されていたアートワークの素晴らしさやライブへの抱負、そしてKISSの楽曲の中で最も好きな曲などについて語った。 ライブ会場は熱心なファンで溢れかえっていた。中にはメンバーの名前が入っているハッピを着ている者もいた。 ライブが始まる前には、モニターにももいろクローバーZとKISSのコラボ曲「夢の浮世に咲いてみな」のミュージック・ビデオが流れていた。アニメ映像と本人たちの映像が混ざり合った可愛らしく、格好良い作品だ。 オープニングでは、ももクロのメンバー、KISSのジーン・シモンズとポール・スタンレー、アニメ・エキスポの責任者などがステージ上に立ち、楽しいトークを展開した。 メンバーがステージ裏に戻りしばらくすると、ステージに一つのスポットライトが当てられた。ももクロのマネージャー・川上アキラがお経らしきものを唱えている。きっと「日本らしさ」を出すためであろう。 「ムーンライト伝説」のイントロが流れると、会場は歓声に包まれる。曲が終わるとメンバーは扇子を取り出す。「ニッポン笑顔百景」の始まりだ。先ほどの雰囲気とは一転、会場は日本の色に染まる。まるで夏祭りにいるような楽しい雰囲気だ。 3曲目の「Believe」が終わると、MCの時間だ。ファンにはお馴染みの自己紹介タイムだ。 4曲目の「夢の浮世に咲いてみな」で会場のボルテージはマックスに。和の文化と西洋の文化、そしてアイドルとロックがこんなに綺麗に交じり合うとは誰が想像していただろう。KISSの楽曲らしい力強さは何度聴いても飽きない。 9枚目のシングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が続く。百田夏菜子がインタビューで言っていたとおり、いつもは可愛らしい雰囲気の佐々木彩夏も踊っている時は本当に格好良い。 先ほどまでのアップテンポとは正反対のバラードが始まる。「月虹」だ。会場には少し幻想的な雰囲気が漂う。 メンバーがステージ裏へ戻ると、スクリーンには「What Japanese idol group do...