• Breaking News: VAMPS To Take A Hiatus

    Legendary band VAMPS has announced hiatus with undetermined comeback date, leaving millions of fans shocked and heartbroken. Below is the official announcement. —————— To all...

  • [ライブレポート] VAMPS in Los Angeles (2016.11.07, El Rey Theatre)

    2016年11月7日。最強のロックデュオVAMPSが再びLAへ戻ってきた。およそ1年ぶりとなるLA公演。今回のライブは1930年代に設計されたEl Rey Theatreで行われた。 Read the English version here! オープニング・アクトはデトロイト出身のCitizen Zero。カントリー要素も混ざったロックで会場を沸かせた。前座が終わると、いよいよVAMPSの登場だ。HYDEはフードを被ったままステージに立つ。3曲目の「REDRUM」でフードを脱ぐと、彼の金髪姿に沸き起こる。LAのファンにとっては、K.A.Zの新しいギターを聴くのも初めてだ。高音が鳴り響く、今までとは一味違ったサウンド。新曲「SIN IN JUSTICE」から定番曲「VAMPIRE DEPRESSION」まで、彼らの勢いは増すばかりだ。 結成以来、VAMPSはDavid Bowieの「Life on Mars?」やMötley Crüeの「Live Wire」など、数々の楽曲をカバーしてきた。彼らが今回カバーしたのはRihannaの「Diamonds」。近年のポップスタンダードが彼らの演奏によって、一気にロックナンバーに仕上がる。 「みんな、調子はどう?楽しんでる?」HYDEが観客に向けてMCをする。「Citizen Zeroのメンバー、そしてみんな、ありがとう!」そう締めくくると、バンドは新曲「RISE OR DIE」を演奏。紫色の照明が彼らの吸血鬼テーマを強調している。 「WORLD’S END」のイントロが流れると同時に、手拍子が始まる。「BLOODSUCKERS」では見事なコールアンドレスポンスが披露される。改めて音楽は国境を越えられるということを思い知らされる。...

  • [中文LIVE REPORT] VAMPS10月5日洛杉磯公演現場記事 @ROXY THEATRE

    2015年10月5日, VAMPS回到了暌違六個月的洛杉磯,作為此次美洲巡演的一站在Roxy劇場舉辦了單獨演唱會。在觀客們的熱切期盼中,演唱會隨著“WORLD’S END”激昂的前奏正式開場。聚光燈變幻著顏色和角度不停閃耀在成員們身上,讓台下歌迷不禁在這聲形兼備,斑斕夢幻之境中如癡如醉。距離上次來到洛城开办單獨公演已经过去两年时光,這裡的觀眾用最熱烈的反響表達著自己對VAMPS的想念,以及對於他們再次到來的欣喜與歡迎。

  • [ライブレポート] VAMPS in Los Angeles (Roxy Theatre, 2015.10.05)

    10月5日。VAMPSのライブが Sunset Blvd沿いのRoxy Theatreで行われた。ステージと観客の間には柵がなく、まさに勢いの溢れるライブとなった。 Read the English version here! 繁體中文版請點這裡~ オープニング曲は「WORLD’S END」。メンバーに眩しい照明が当たると、会場は大きな歓声に包まれる。ロサンゼルスでは約2年ぶりとなるVAMPSの単独ライブ。ファンはこの日が待ち遠しかったに違いないだろう。 「LIPS」、そしてMötley Crüeのカバー「LIVE WIRE」が続く。南米ツアーの疲れを全く見せないパワフルなパフォーマンスだ。その後の「REPLAY」では、HYDE (vocal)が観客の前で屈み、ファンとの距離感を縮めて歌っている。 5曲目の「GET AWAY」。ライブハウスでは野外でのライブ以上にArimatsu (drums)のドラムが響き渡り、普段とは一味違う雰囲気を作り出していく。「3, 2, 1」の部分では、観客もHYDEと一緒に指を掲げカウントダウンをする。 続いてはダークな「DAMNED」と「EVIL」だ。K.A.Z (guitar)のどこか遠くを見つめているような表情がより一層ミステリアスな雰囲気を強調している。 JIN (keyboards)に紫のスポットライトが当たり、キーボードの美しいメロディーが会場を包む。可憐な音色は徐々に「VAMPIRE’S...