• Interview with VAMPS

    Interview with VAMPS Over the years, we have posted about L’Arc~en~Ciel and VAMPS on our blog, though mainly about their events and lives here in Los Angeles. Recently, we...

  • Breaking News: VAMPS To Take A Hiatus

    Legendary band VAMPS has announced hiatus with undetermined comeback date, leaving millions of fans shocked and heartbroken. Below is the official announcement. —————— To all...

  • [ライブレポート] VAMPS in Los Angeles (2016.11.07, El Rey Theatre)

    2016年11月7日。最強のロックデュオVAMPSが再びLAへ戻ってきた。およそ1年ぶりとなるLA公演。今回のライブは1930年代に設計されたEl Rey Theatreで行われた。 Read the English version here! オープニング・アクトはデトロイト出身のCitizen Zero。カントリー要素も混ざったロックで会場を沸かせた。前座が終わると、いよいよVAMPSの登場だ。HYDEはフードを被ったままステージに立つ。3曲目の「REDRUM」でフードを脱ぐと、彼の金髪姿に沸き起こる。LAのファンにとっては、K.A.Zの新しいギターを聴くのも初めてだ。高音が鳴り響く、今までとは一味違ったサウンド。新曲「SIN IN JUSTICE」から定番曲「VAMPIRE DEPRESSION」まで、彼らの勢いは増すばかりだ。 結成以来、VAMPSはDavid Bowieの「Life on Mars?」やMötley Crüeの「Live Wire」など、数々の楽曲をカバーしてきた。彼らが今回カバーしたのはRihannaの「Diamonds」。近年のポップスタンダードが彼らの演奏によって、一気にロックナンバーに仕上がる。 「みんな、調子はどう?楽しんでる?」HYDEが観客に向けてMCをする。「Citizen Zeroのメンバー、そしてみんな、ありがとう!」そう締めくくると、バンドは新曲「RISE OR DIE」を演奏。紫色の照明が彼らの吸血鬼テーマを強調している。 「WORLD’S END」のイントロが流れると同時に、手拍子が始まる。「BLOODSUCKERS」では見事なコールアンドレスポンスが披露される。改めて音楽は国境を越えられるということを思い知らされる。...

  • [中文LIVE REPORT] VAMPS10月5日洛杉磯公演現場記事 @ROXY THEATRE

    2015年10月5日, VAMPS回到了暌違六個月的洛杉磯,作為此次美洲巡演的一站在Roxy劇場舉辦了單獨演唱會。在觀客們的熱切期盼中,演唱會隨著“WORLD’S END”激昂的前奏正式開場。聚光燈變幻著顏色和角度不停閃耀在成員們身上,讓台下歌迷不禁在這聲形兼備,斑斕夢幻之境中如癡如醉。距離上次來到洛城开办單獨公演已经过去两年时光,這裡的觀眾用最熱烈的反響表達著自己對VAMPS的想念,以及對於他們再次到來的欣喜與歡迎。