• 【ライブレビュー】ラブライブ!ファイナルライブ:9人の少女が叫んだ「いまが最高!」

    ライブレビュー:「ラブライブ!μ’s Final Love Live!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」東京ドーム、2016年4月1日 文:Risa Read the English version here 今世界中で大人気の「ラブライブ!」から飛び出したスクールアイドルグループμ’s。彼女達の6年間の活動の集大成となる最後のワンマンライブが東京ドームにて3月31日(木)と4月1日(金)二日間行われた。今回Kawaii Kakkoii Sugoiブログはこのライブの本当の最終日となる4月1日に参加することができた。 ライブの始まりから非常に演出が凝っていた。開演前に流れていたラブライブ!曲のBGMだが、中でもファンから圧倒的に人気のある曲「Snow halation」の際にはラブライブレード!と呼ばれるファンご用達のペンライトをBGMの段階から本番と同じように雪を連想させる白色で振りかざす。この曲の一番のサビの最後が「まもなくStart!!」という歌詞で終わるのだが、それに合わせて曲が途切れライブが始まるという粋な演出で始まった。 まずライブは劇場版「ラブライブ!The School Idol Movie」のその後を想像させるようなオリジナルアニメーションからスタート。TVアニメ2期第13話で妊娠していたアルパカ達の子供がついに生まれるなどファンが歓喜する内容となった。その後はライブの歴史を物語るようにアニメーション内でμ’sメンバーが初ライブを行った横浜BLITZから、今まで行ったライブ会場にてハートを互いに投げ渡していき、最終的に今回の会場となる東京ドームに到着。ハートが無事に東京ドームに到着したと同時に暗転し、一曲目となる「僕らのLIVE 君とのLIFE」が始まりステージ上にμ’sが登場! μ’sとはスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」から生まれたスクールアイドルグループであり、コンサートでは実際の声優陣、新田恵海(高坂穂乃果役)、南條愛乃(絢瀬絵里役)、内田彩(南ことり役)、三森すずこ(園田海未役)、飯田里穂(星空凛役)、Pile(西木野真姫役)、楠田亜衣奈(東條希役)、久保ユリカ(小泉花陽役)、徳井青空(矢澤にこ役)が歌って踊っている。彼女達の後ろには大きなスクリーンが設置されており、各曲のアニメーションPVが流れるため、キャストとスクリーン上のアニメのμ’sメンバーがシンクロしてライブが行われる。スクリーンの使い方が非常に巧妙で、歌詞に合ったエフェクトや合いの手などが表示され、スクリーン上に映るコンサートと一体化し、客席を扇動する。   当日のセットリストはこちら: セットリスト...

  • [ライブレポート] VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY (Makuhari, 08.22.2015)

    8月22日、毎年恒例の夏の野外ライブ「VAMPS LIVE BEAST PARTY 」が千葉・幕張で行われた。今回は人気イベント「肉フェス」とのコラボなどもあり、朝から大勢のファンが集まった。 Read the English version here. 午後5時半にライブが始まる。車型のお神輿に担がれて登場するHYDE (vocal)とK.A.Z (guitar)。 毎年さまざまな登場の仕方を楽しめるのがBEAST PARTYの魅力のひとつだ。 メンバーが全員ステージに上がるとK.A.Zがギターをかき鳴らす。「I GOTTA KICK START NOW」のイントロだ。観客はその音に負けないくらいの大きな歓声を出す。 2曲目「AHEAD」が終わるとHYDEが「ようこそ、BEAST PARTYへ!」と観客へ叫ぶ。エネルギーは止まぬまま「HUNTING」が続く。HYDEが「肉が食いてえな!Where’s my lamb?!」と言いながら会場を見渡すと、ファンはますます盛り上がる。 前曲が終わるとすぐに「ANGEL...

  • [ライブレポート] 25th L’Anniversary LIVE (Tokyo Dome, 2017.04.09)

    <4月9日 (日)> たくさんの笑顔を未来へ一緒に連れていく一体感あふれるステージ Photo credit: 今元秀明 / 岡田貴之 / 緒車寿一 / 加藤千絵 / 田中和子 東京ドーム2 Days公演をツアーに当てはめて表現すると、1日目がツアー初日、2日目はツアーファイナルということになる。どんなライヴになるのかを自分たちの肌で確認、把握しながらのぞんだのが初日だとすると、2日目はその感触を踏まえて、さらなる高みを目指したステージとなった。L’Arc-en-Cielというバンドの集中力のすごさを実感した。進化し続ける姿は2 Days公演にも凝縮されていたからだ。 2日目のオープニングナンバーも「虹」だった。が、空にかかる虹がどれひとつとして同じでないように、初日の「虹」とはまたちょっと表情が違う。hydeだけでなく、tetsuyaもkenもyukihiroも歌うような演奏だった。やはりこの曲は特別だ。歌うこと、演奏することが未来への決意表明のようにも響いてくる。映像や照明などの演出においても、細部も含めてしっかり整理されて、よりシャープになっていた。チーム全体として日々レベルアップしていけるところが素晴らしい。「ハロー ワールド!」とhydeが挨拶している。世界10地域13都市16か所でライヴビューイングが行われることも踏まえての挨拶だろ う。さらにこんな言葉。 「みなさんのおかげで25歳になりました。25年たってもこんなにたくさんの人に来てもらえるなんて泣きそうです。嘘です。泣きません。今日はまだまだ先は長いからね」 hydeが客席にウェーブを促して“錬成”を行う場面もあった。1日目も行われたのだが、2日目の方があらゆる面で進化していた。より一体感のあるウェーブになっていたのだ。照明が明るくなったり、L’edバンドが客席のうねりに連動して点滅したりという効果的なサポートもあり、“錬成”感が高まっていた。 2日目は初日には演奏されなかったナンバーが4曲演奏された。そのひとつは4曲目に演奏された2ndシングル曲「Vivid Colors」。開放感あふれるサウンドに乗って、hydeがステージの上手へと歩きながらたゆたうように歌っている。kenが気持ち良さそうにギターを演奏している。「Lies and Truth」ではtetsuyaとyukihiroの生み出す躍動感あふれるグルーヴに客席が激しく揺れた。初日には演奏されなかった「真実と幻想と」が始まると、ひときわ大きな歓声が起こった。エモーショナルなヴォーカル、ブルージーなギター、陰影の深いベース、タイトでありながらふくらみのあるドラムによって、深遠な世界が出現。やはりこの4人が生み出すアンサンブルは唯一無二だ。月に照らされて、海面が揺れる映像から始まり、炎とメンバーとが合成された映像も交えての「forbidden...