• [ライブレポート] VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY (Makuhari, 08.22.2015)

    8月22日、毎年恒例の夏の野外ライブ「VAMPS LIVE BEAST PARTY 」が千葉・幕張で行われた。今回は人気イベント「肉フェス」とのコラボなどもあり、朝から大勢のファンが集まった。 Read the English version here. 午後5時半にライブが始まる。車型のお神輿に担がれて登場するHYDE (vocal)とK.A.Z (guitar)。 毎年さまざまな登場の仕方を楽しめるのがBEAST PARTYの魅力のひとつだ。 メンバーが全員ステージに上がるとK.A.Zがギターをかき鳴らす。「I GOTTA KICK START NOW」のイントロだ。観客はその音に負けないくらいの大きな歓声を出す。 2曲目「AHEAD」が終わるとHYDEが「ようこそ、BEAST PARTYへ!」と観客へ叫ぶ。エネルギーは止まぬまま「HUNTING」が続く。HYDEが「肉が食いてえな!Where’s my lamb?!」と言いながら会場を見渡すと、ファンはますます盛り上がる。 前曲が終わるとすぐに「ANGEL...

  • [ライブレポート] HYDE In Los Angeles (2019.05.26, 1720)

    撮影:久良木麻椰 5月26日。ロサンゼルスのライブハウス「1720」にて、HYDEは超満員の観客と共にUSツアーのファイナルを迎えた。 Read the English version here! 開演前―。HYDEがロサンゼルスでライブを行うのはおよそ1年半ぶり。大雨にもかかわらず、会場の外には長蛇の列が出来上がっていた。久しぶりに彼の音楽を生で聴けるという楽しみから、ファンの間では笑顔が溢れている。そんなファンを温かく迎えるように、やがて雨も止み、入場が始まる頃には大きな虹が空に架かった。 昨年から本格的にソロ活動を再始動したHYDE。今回は再始動後、初のUSツアーとなった。彼の最新音楽は、今までのソロ活動で発表された楽曲とは違った路線を進んでいる。アメリカンテイストなメタル風味なダークな音が印象的だ。 まさにその新しい音楽性を表す姿で、HYDEはステージに登場した。オペラ座の怪人とジョーカーを合わせたような彼の姿は不気味で、それにもかかわらず、妖艶さも漂っていた。照明のない暗闇の中、彼の光る瞳だけが浮かび上がる。 ステージは「FAKE DIVINE」で幕を開けた。昨年10月にシングルとして発売されたこの楽曲は、新アルバム「anti」にも収録されているパワフルな楽曲だ。 続く「AFTER LIGHT」では、観客とのコールアンドレスポンスも取り入れられていた。数週間前にアルバムの配信が開始されたばかりだというのに、ファンの予習はバッチリだ。 3曲目には、VAMPS時代の楽曲「INSIDE OF ME」が演奏された。メガホンを片手に、満員の観客を見つめるHYDE。アメリカの音楽業界で戦う意志を見せつけるような強い眼差しだ。 優しいピアノの旋律が奏でられる。ロックテイストを残しつつも、今まで演奏されていた楽曲とは一味違うバラード「ZIPANG」が歌い上げられた。古き良き日本を想像して作られた美しく壮大な1曲だ。 その後も「WHO’S GONNA SAVE US」や「LION」などアルバムの楽曲が続いた。終盤では、「MIDNIGHT CELEBRATION II」も演奏された。2003年に発売されたソロアルバム「666」の中でも特にファン人気の高い楽曲を再レコーディングしたものだ。 最後はDuran...