• [中文LIVE REPORT] VAMPS10月5日洛杉磯公演現場記事 @ROXY THEATRE

    2015年10月5日, VAMPS回到了暌違六個月的洛杉磯,作為此次美洲巡演的一站在Roxy劇場舉辦了單獨演唱會。在觀客們的熱切期盼中,演唱會隨著“WORLD’S END”激昂的前奏正式開場。聚光燈變幻著顏色和角度不停閃耀在成員們身上,讓台下歌迷不禁在這聲形兼備,斑斕夢幻之境中如癡如醉。距離上次來到洛城开办單獨公演已经过去两年时光,這裡的觀眾用最熱烈的反響表達著自己對VAMPS的想念,以及對於他們再次到來的欣喜與歡迎。

  • [ライブレポート] 25th L’Anniversary LIVE (Tokyo Dome, 2017.04.08)

    <4月8日 (土)> バンドとリスナーの思いが結集して美しい光景が出現 Photo credit: 今元秀明 / 岡田貴之 / 緒車寿一 / 加藤千絵 / 田中和子 4月8日、9日、L’Arc-en-Cielの結成25年を記念しての東京ドーム2 Days公演「25th L’Anniversary LIVE」が2日間合計11万人を動員して大盛況の中、開催された。チケットは60万人の申し込みがあり、即完売。また日本国内50か所、世界10地域(中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、メキシコ、コロンビア、コスタリカ、グアテマラ、ペルー)13都市16か所でライヴビューイングが行われ、35,000人がこのステージの模様を目撃した。L’Arc-en-Cielのライヴは大阪夢洲で開催された「L’Arc-en-Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」以来、約1年半ぶり、東京ドーム公演は約9年ぶりで、今回が通算13、14回目となる。 「25th L’Anniversary LIVE」のメインテーマは“25年の年月で世界中に散らばったL’Arc-en-Cielのピースが一つの場所に集い、そしてまた世界中に旅立っていく”というもの。演出のポイントとなったのは映像だ。彼らはこれまでも効果的に映像を使ってきたが、今回使用されたのは史上最大級の高精細LEDスクリーン。炎の映像と本物の炎など、映像と実際の物理的な仕掛けとを巧みに融合させた演出が見事だった。そのスクリーンに、エリークランクなる人物が西暦9125年の未来から2017年の世界にやってきて、世界各地に散らばったL’Arc-en-Cielのピースを集めるというストーリーの映像が映し出されていく。 メンバー4人のシルエットが黄金の光によって浮き彫りになり、白銀色の歯車が回転して、白銀の光が雨のように降り注ぐ映像が映し出されて始まったのは「虹」だった。ライヴ終盤で演奏されることの多いこの曲での始まりにドーム内から大歓声とどよめきが起こった。現在の4人のメンバーで最初にレコーディングしたのがこの曲だった。名曲であると同時に、25年のバンドの歴史の中での重要曲でもある。kenのギター、tetsuyaのベース、yukihiroのドラムス、そしてhydeの歌声がゆったり加わり、四つの音のピースが噛み合って一つになっていく。それぞれの存在を確かめ、噛みしめていくような演奏だ。イントロが鳴り響いた瞬間から熱狂的な歓声が起こり、90年代からファンに愛されてきたナンバー「Caress of Venus」「the...

  • [ライブレポート] OBLIVION DUST in Tokyo (Akasaka BLITZ, 2015.12.22)

    12月22日、赤坂BLITZにてOBLIVION DUSTの「LIVE TOUR 2015 “Live Graffiti”」の東京公演が行われた。外の寒さを消し去るような熱いパフォーマンスが繰り広げられた。 Read the English version here! 文:Emi 撮影:緒車寿一 午後7時半—。機械的ノイズのイントロが流れると、メンバーが一人一人ステージに立つ。ARIMATSUのパワフルなドラムで始まる「Radio Song」。会場を埋め尽くすファンはビートに合わせて軽快に飛び跳ねる。RIKIJI (bass)も合わせてストンプしている。どこか懐かしい洋楽を沸騰させる、オープニングに相応しい刺激的なナンバーだ。 会場が赤い照明に照らされる。2曲目はハードなロック・ナンバー「Microchipped」だ。爽快感溢れるサビではモッシュが始まり、ダイバーも出現する。3曲目には「Never Ending」が続く。スタンドマイクで熱唱するKEN LLOYD (vocals)の「Everybody!」という合図でファンはサビの合唱を始める。K.A.Z (guitar)とRIKIJIはARIMATSUのドラムへ歩み寄り、激しい演奏を魅せてくれる。 「OBLIVION DUST “らくがきツアー”へようこそ!今日は楽しみましょうね」とKENの明るいMCが繰り広げられる。先ほどまでのロックな一面とはまた違う、バンドの愉快で微笑ましい一面を見せてくれる。 続く「Black...